隙間もきれいにしてもらおう

歯をきれいに保つには歯科医院でのクリーニングが一番かと思います。
定期的に通院しクリーニングしてもらうことできれいな状態が保て、虫歯や歯周病チェックだってしてもらえます。
歯間などもきれいにしてくれますので着色してしまった部分も綺麗になります。

一度ではきれいに出来なくても定期的に通うことで汚れは落とせると思います。
歯の隙間の色が気になるのならホワイトニングをする前にクリーニングをしてもらいましょう。

歯磨き方法をよく理解する

鏡を見ながら磨きましょう。どこから磨くかという順番を決めて、磨き残しのないよう、しっかり磨いていきましょう。
基本は、「バス法(歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境にあて、軽く小刻みに動かす)」で、歯を「1本ずつ」磨くつもりで磨いていきます。決して力を入れすぎないように注意してください。
磨き難い前歯の裏側は、歯ブラシを「縦」にして、歯ブラシの先を使って磨きましょう。汚れが残りやすいのは、歯と歯の間と、歯と歯茎の境です。「歯間ブラシ」や「フロス」などの補助器具を使って汚れを取り除きましょう。

歯間ブラシを買う方が増えている

歯と歯茎の健康に敏感になった方が増えたからでしょうか?
今、歯間ブラシを買う方が増えているようですが男女問わず年齢問わず、それを買われるようなのです。
よく売れているのが、持ち手がついたもの、それからスクリューブラシになったもの。

スクリューブラシタイプだと歯間をブラッシングできるためすっきり感が違うようです。

歯間に多く発生するのが虫歯。
虫歯リスクを下げようと思っている方が増えたため歯間ブラシを買う方が増えているのかもしれません。
あるいは落としきれてない歯間の着色汚れをのためかもしれませんね。

歯間ブラシの選び方

歯間ブラシを選ぶ際、重要になるのがサイズです。
毛が巻きついているワイヤーの太さのサイズには数種類あります。
歯周病で歯茎が下がって歯と歯の間が広く開いた場合には大きめのサイズが適します。

音波歯ブラシ

音波振動歯ブラシとは、高速微細振動「リニア音波振動」で、歯垢をはじき出せる電動歯ブラシです。
電磁技術を応用した、先進駆動リニアモーターを搭載しています。
軽く当てるだけで、歯間のすき間に入り込み歯垢を素早くはじき出します。

アフターケアは万全か

リフォームをするときに一番大事なのはリフォーム後にどれだけのアフターケアをしてもらえるかという事です。
せっかくリフォームをしても、細かい不具合を修繕してもらえないような業者に依頼してしまっては元も子もないですよね?
契約するときに細かいところまできちんと業者と話しあってスタートしましょう。

見積もりの内訳

工事を依頼するには「見積書」が必須になります。希望にかなったものであるのか、確認をする上で必要になりますが、工事費のみになっている場合、管理費やその他の経費についても詳しく説明を受けます。

設計士が別であれば、同席し確認をしてもらうことが一番です。かかる費用としては、設計、デザイン、材料や工事費、管理費などがありますが、設計を別の会社に依頼する場合、別に費用が発生します。
込み込みとなっている場合、希望にかなわない場合もありますので、その点も確認をしましょう。

ヤブ原産業株式会社 仙台支店の外壁塗装なら見積もり無料で、気になる費用の確認が事前に可能です。
工事の費用は、お客様のお宅ごとに変わってまいりますが、一般的な塗装工事だと、100~150万(+消費税)はかかります(屋根、外壁、足場込み。建坪30~40坪程度)。
内訳としては、足場 約20%、屋根 約30%、外壁 約50%が目安です。
また、家の大きさや、外壁をタイルに変えるなどの内容に応じて金額も変わります。
まずはお気軽にご相談ください!電話による無料相談も行っていますので、こちらもご活用下さい。

リフォーム後は絶対にチェックをしたい

リフォーム後は主や建築に関して分かる方にチェックをしてもらってください。
立て付けが悪い、ボールを転がしたら歪んでいることが分かった、水漏れが出るようだ、外壁なら泡がでて潰れている箇所があるなどなどチェックすべきことは沢山あります。
新品のように生まれ変わってそこで感激して終わりにすると、支払ったあとで保証が受けられないとなれば大変です。

万一仕上がりに納得いかなかった場合

また、リフォームローンを組んだ時にはわかりませんが、もしも現金で支払える程度のリフォームをしてもらった時、指定した素材が使われてなかった、雑である、明らかに欠陥だというときも注意が必要です。

実際、私の知り合いも外壁塗装リフォームをしたのですが塗料にアワが入った箇所がたくさんあり、それが簡単に潰れる、剥がれるということがあったため、支払いを延期しました。結果、再度工事をしなおしてもらい支払ったということです。
営業が何度も来て支払いの催促をしたのだそうですが責任者を呼んできなさいということで欠陥場所を見てもらった所再度の工事に納得したのだそうです。

【コラム】外壁塗装の気泡の問題について

塗装完了後、よく見ると塗膜に泡状のものが…?
残念ながらあまり腕の良くない業者さんだとそのような現象がみられることがまれにあります。
外壁塗装で気泡(プツプツとした泡)が発生してしまう原因として考えられるのは、下記の点が挙げられます。

  • 塗布量過多
    塗料の最適量は種類やメーカーによって異なるため材料や下地によって変える必要があり、一辺倒ではいけません。
    多すぎず、少なすぎずの最適量を守る必要があります。

  • 下地の乾燥不足
    下地の乾燥が十分でなく水分が残っていると、塗料との密着度が下がり気泡が発生する一因となります。
    天候(降雨時)や季節(梅雨時期、降雪時)などに作業するとこの状態に陥りやすくなります。
    また、指定された十分な乾燥時間を取らずに次の塗布を開始することでも気泡ができやすくなります。

  • 塗料の調合・攪拌不足
    外壁塗装用の塗料は単品で使用できるものだけではなく、塗布前に何種類かの塗材を混合し、しっかりと攪拌する必要があります。
    配合や攪拌が適切でない場合、硬化がうまくいかず、気泡発生の一因となることがあるので注意が必要です。

  • ローラーの選択ミス
    塗装時に絶対必要なローラーですが、塗料の種類(粘度等)に合わせて最適なものを選択しなくてはなりません。
    経験の浅い職人さんなどは正しい選択ができず失敗する原因になる可能性があります。

  • 異物混入
    外壁の清掃が不十分な場合、汚れ、ほこり等の付着物が残留してしまいます。
    この上に塗料が塗られてしまうと、ゴツゴツ・ブツブツ感が生じ均一の塗膜にならずこれが原因とり気泡の発生につながる恐れがあります。

  • 真夏の施工
    冬場低温時期の施工は難しいものですが、高温過ぎても適しません。
    急激に乾燥が進み塗料の硬化に不良が起こることがあります。

気泡が発生した際の問題点

まず外観の審美性があります。均一にきれいに塗られた壁とは差が出てしまいますね。
また、見た目だけでなく、気泡によりピンホールが開くことで外壁内部に水が入り込みやすくなり、内部から傷みが生じさらに修繕費用がかさんでしまいます。
そんな事態に陥らないためにも、経験と実績をしっかり積んだ信頼のおける業者さんに依頼することが大切です。

外壁リフォーム時の注意

外壁塗装をする場合、とても気を使わなくてはいけないのが、周囲にある車などにペンキが飛ばないかということです。
これを防止するためには養生を十分に行うことで周囲への飛散を行うことです。
ご近所とのトラブルにも発展しかねませんので、業者さんには十分な注意してもらう必要があります。

会社設立をする場合

会社設立をするとき、最初から会計士についてもらっていると安心です。
月々の費用が高いと思うなら、一人の経理の方を雇うことと比較してみてください。
全てを会計士にお任せすることはできませんが、経理の代行をしてもらえることもあります。
細かい伝票の整理や記帳などは自身でやらなければなりませんが、日々、週間、月間で締めの作業をする時間を考えると、時間の節約にも繋がりますし、経営のアドバイスがもらえることもあります。何よりも確定申告のときに楽なのです。

健全経営を考える

健全な経営を考えるなら、会計士や税理士を雇ったほうがいいようです。
個人経営となると、どんぶり勘定や引き出し金などで、健全な経営が出来ないばかりか、資金繰りに困ることもあるようです。

自分の財布は自分のもの、会社の財布は会社のもの、その辺をきちんと分ける自信があればいいのですが、ついつい、ということも多く、
利益と支出のバランスが悪くなるのです。

会計だけではない

会計士の仕事はかなり多岐にわたります。
月次決算や申告等の税理・経理・財務・監査・金融・情報管理などがその主な業務ですが、事務所によっては経営のコンサルティングを受けることも可能です。
数字として経営の状態を把握していますので、どのような状態なのかが分かるのです。
経費をどこから削ればよいのか、税金の対策はどうすればよいか、資金繰りをどうすべきか、などアドバイスを受けることも出来ます。
仕事先としては会計事務所はもちろんですが、むしろ大企業の中で財務やコンサルティングに携わる会計士が多いようです。

特にアメリカなどコンサルティング業務が非常に重要な位置を占める国では、会計事務所の仕事の過半数はコンサルティング業務が占めています。
日本には会計士の他に税理士や行政書士という資格が存在し、時には会計士の行う業務を税理士または行政書士が担当するといったケースがしばしば見られます。

コンサルティングのメリット

会計事務所にコンサルティングをお願いしたところ、気づかないところでとても多くの無駄がありました。
優秀な会計士であれば無駄な税を払わないで済むようにアドバイスしてくれるものです。
人件費を削減するのも良いですが一番に考えたほうが良いのは無駄に支払っている税金これを何とかすれば社員の給料を減らさず高いモチベーションで仕事がしてもらえるのではないでしょうか?
客観的に見てもらうと無駄が多く見つかる。これをしてもらえるのも会計士の仕事なのですね。